銀行の口座とクレジットカードは事業専用をつくっておこう。独立前に。

事業(ビジネス)のお金とプライベートのお金を分けて管理する~まずは銀行口座を分ける

ビジネスにおいて「お金の管理」が重要であることは、言うまでもないことです。そのことを頭ではもちろん分かっていらっしゃる個人事業主・フリーランスの方が圧倒的に多いのですが、様々なビジネスパーソンが様々なビジネス書で論じていても、実践がうまくいっていない方は少なくないと見えます。

独立前に事業専用の銀行口座をつくらず、公庫の融資の実行日に事業専用口座の作成が間に合わず、プライベートの口座に融資資金を入金している方もいらっしゃいました。融資資金は事業専用ですが、プライベートの出金にあてられてしまう。ビジネスにおけるお金の管理の方法として良いとはいえません。

独立すると決めたら、早速、事業専用の銀行口座を開設しましょう。屋号が決まっていれば屋号付き口座を開設できればもちろんベストですが、屋号が決まっていなくても、まずは個人名義でも良いので事業専用の銀行口座を開設します。屋号が決まったら屋号付きの口座を追加で開設すればよいのです。

その事業専用口座で、融資資金を入金し、売上代金を入金し、経費になる支払(振込や口座振替)をします。家計に充当するお金はプライベートの銀行口座に移動します(振替や振込などによって)。

なお、事業専用口座は1つではなく、(当事務所でもしていますが)2つ開設するのも手です。ひとつは売上代金入金専用もうひとつは融資資金入金と元利返済・経費支払用と、口座を目的に応じて分けることによって、お金の流れを理解しやすくなります。屋号付き口座を一つしか開設できない場合には、それを(対外的に)売上代金入金用に使い、屋号無し個人名義の事業専用口座を経費支払用にすることも考えられます。

事業専用銀行口座から引き落とされる事業専用クレジットカードも作る

クレジットカードも、事業専用とプライベート専用に分けるべく、事業専用のクレジットカードを作るか、すでに複数枚のクレジットカードを持っているならば、そのうちの一つを事業専用にします。

事業専用のクレジットカードは、クラウド会計ソフトに利用明細データを同期できるカードがベストです。クラウド会計ソフトの同期機能のメリット~入力の省力化~に大いに役立ちます(当事務所ではVIEWカードで、クラウド会計ソフトfreeeに同期しています)。

独立を少しでも意識しているなら、会社などに勤めているうちから、クレジットカードを複数枚つくっておくのがベターです。収入の少ない独立直後にクレジットカードを作るのは、勤めている時代よりも難しいですから・・・。

そして事業専用クレジットカードの利用代金の引き落とし口座は、事業専用銀行口座にします。

経費になる支払は、ことごとく事業専用クレジットカードで済ませる

キャッシュレスの時代ということもありますが、クラウド会計ソフトの時代ということもあり、現代では現金で払うのは、特に事業の経費になる支払を現金ですませるのはおすすめしません。事業専用クレジットカードで決済して、そのクレジットカードの利用データをクラウド会計ソフトに同期させるほうが、会計ソフトへの入力がかなり楽だからです。

現金支払いだと、そもそも現金のやりとりがめんどうですし、現金の支出による経費の会計ソフトへの入力は、手間がかかります。会計ソフトへの入力の効率化を図る観点からも、事業専用クレジットカードでの支払いをおすすめします。

さらに、クレジットカード払いは、クレジットカードの利用代金が銀行口座から引き落とされるまでの間、支払を猶予してもらっていることになります。現金払いであれば当然すぐに現金がなくなりますが、クレジットカード払いは、銀行口座からの引き落とし日まで現金支出を待ってもらえます(専門的には「期限の利益」といわれますが、要は引き落とし日までお金を借りているのと同じ、「時間稼ぎ」です)。

なお、消費者としてはよく「クレジットカードはついつい使い過ぎるから、あまり使わないよう注意しよう(→現金で払おう)」となるのですが、当然のように常日頃資金繰りを検討するものであるビジネスにおいては、支払いを猶予されている間に、資金調達(資金の工面)や運用の方法を考えて実行することもできます。消費者よりも一歩以上すすんだクレジットカードとの付き合い方です。

なぜ事業とプライベートを分けるのか

お金を管理するためです。

ではなぜお金を管理するのか、お金が無くなったら困るから、ビジネスができなくなるから、破産してしまうからです。

プライベートの消費もそうですが、ビジネスにおいては、よくよく注意してお金の動きをウォッチしていないと、

  • いつの間にかお金がほとんど無くなってしまっている
  • イメージしていたよりも早く、お金が無くなってしまっている
  • イメージしていたよりも支出が多かった。どこに無駄があったのかぱっと見分からない・・・

といったことが起きてしまいます。

事業とプライベートを分けるとお金の出入りが見やすくなる。分かれていないとごっちゃになりお金の出入りが見にくくなる。

銀行の口座もクレジットカードも、事業とプライベートに分かれていないと、何が経費で何がプライベートの支出か、パッと見では分かりませんし、ごちゃごちゃしていて見づらく、効率的に事業の経理(会計ソフトへの入力、ひいては青色決算書や確定申告書の作成)ができなくなります。

見やすいことは効率化につながりますが、ごっちゃになって見づらいのは効率化に逆行します。

また、事業とプライベートに分かれていないと、お金の出入りを読み取るのに非常にエネルギーを使い、疲れやすくなります。無駄な体力と精神力の消耗をしてしまう。

さらに、見づらいですから、頭のなかで整理しづらく、どこに無駄があるのかを見極めるのにも時間がかかってしまいます

個人事業主でも、公私混同を極力やらない仕組みとして

銀行の口座もクレジットカードも、事業専用とプライベート専用に分けておいたほうが、たとえば融資資金をプライベートに無自覚に流用してしまうなどの公私混同を防止しやすくなります。公私混同を防止することは、お金を守ることにつながるものです。

おわりに~税金の計算も大事だが、それ以前に日々のお金を守ることが重要

会計ソフトに記録し確定申告書をつくるために、事業専用口座をつくると思っている方もいますが、これは間違いとは言えなくとも、理由としては不十分です。

確かに、事業専用口座をつくることは青色決算書や確定申告書のスムーズな作成につながるものですが、事業専用口座をつくる従たる目的といっていいです。

主たる目的は、事業とプライベートを分けることにより、事業の資金の流れを把握、理解、コントロールしやすくするところにあります。

ビジネスとはお金の流れでもあります。ぜひ、事業専用銀行口座とクレジットカードを作りましょう。

Follow me!

銀行の口座とクレジットカードは事業専用をつくっておこう。独立前に。” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。